【育児絵日記】14日後に死ぬシラミ【1】

ちょっと前の話になっちゃいますが、

一年で最も寒い時期にシラミにかかりました・・。

シラミって夏のイメージがあって、

私の中のシラミ情報がアップデートされました(笑)

シラミ発見

2月のある極寒の信州で・・・

学校から一本の電話。

「ちゃきくんの頭にシラミがいるようです」

一見、フケに見えるシラミの卵

「えー!!!!」としか声が出ない。

家に帰ってきたチャキ氏の頭を確認。

一瞬「フケ」に見える白い卵がちらほら・・・

これが卵なのんね!!

シラミのこと、何も知らなかった

シラミって昭和の出来事と思ってた💦

とりあえずインターネットで検索したおす。

アタマジラミとケジラミ

全く知らなかったのだが、人の体につくシラミって

いくつか種類があり、性病として知られるケジラミは

基本的に頭にはつかないんだそう。

なんで毛の位置で棲み分けられるのだ!?

シラミしらみと言っているのは、「アタマジラミ」をいうのね。

他にも衣類に寄生する「コロモジラミ」もいるそう。

シラミの生態

シラミの一生

・卵は8日程度で孵化

・幼虫はサナギにならない

・脱皮を3回くらいして成虫になる

・成虫の寿命は1ヶ月

・ごはんは人の血

・1日で5〜6個、1ヶ月で100個も卵を産む

・頭から離れて血を吸えなくても3日は生きられる

血を吸うという点では、まあ蚊と同じか・・・

シラミの季節

そして、シラミの季節ってなんとなく夏だと思ってた。

プールの時期に見つけられるようなイメージね。

しかし実際は年中だれかの頭にいて

ひっとりとうつっていくみたい。

シラミが見つかっても、学校への報告義務はなく

出席停止にもならないので、流行するのがわかりますね。

退治するのに大体14日はかかるみたいなので

そんなに長い間学校を休むも現実的ではないか・・・

保育園などで見つかったら、

アタマジラミがいるこのお昼寝は隔離されるようです。

シラミが見つかったらやってはいけない事

コロナもそうだけど、シラミも

「どんなに気をつけてても、なるときはなる」もの。

犯人探しをしても意味がない。

そして不潔だと責めないこと。

キレイにしててもうつる時はうつるのだ。

シラミは皮膚科で治すの?

シラミがいることはわかった。

ではどうやってシラミを退治する?と思って

まずは学校の保険の先生に聞いてみたり

ネットで調べてみると、よほどの炎症などなければ

「スミスリンシャンプー」という薬用シャンプーを使って

自宅で治すのが一般的のよう。

スミスリンはパウダーもある。これも買った。

スミスリンシャンプーはどの薬局にいっても置いてあったので

コンスタントにシラミが流行ってることがわかる。

少量で、なかなかのお値段・・・

スミスリンパウダーという粉を振りかける駆除剤もあります。

早速スミスリンシャンプー

早速お風呂でやってみることに。

スミスリンシャンプーには専用のクシが付いている。

まずは、このクシで髪をとき、なるべく虫を減らした状態にする。

4、5匹の成虫がチャキさんの頭からポロポロ・・・

んぎゃー!

やっぱり大人がいるんですね・・・涙

ちょっと試しに自分の頭もクシでといてみると

ぎゃー!

いるやん!しっかりいるやん!!!

2、3匹のシラミが出てきました。

チャキさんのは私がみれるけど、

自分の頭は見られないのが辛い!

チャキさんの頭にシラミの卵を見つけたら

その髪の毛をカットして捨てていました。

スミスリンシャンプーはあまり泡だたない感じで

シャンプー液をつけたまま、5分放置。

子どもには長い時間だ。

これ、家族でかかる可能性大なので

家族中でスミスリンシャンプーを使ったら

かなりの出費ですね!

ニットピッカーも合わせて

とにかく早く駆除したくて、ニットピッカーという

クシも買ってみる。

最近は、薬に耐性のあるアタマジラミもいるようで

スミスリンは要は殺虫剤入りのシャンプー。

ずっと使い続けるのも頭皮など心配に。

卵をしごき落とすため

じゃりじゃりした感じのクシなので

引っかかって髪が引っ張られ結構痛い。

チャキさんに大不評・・。


自分が子供の頃にならならなかったことを、

大人になってから経験するとは!

昭和の話かと思っていたけど、最近流行ってるみたいっす。

子どもはどうしても頭を寄せ合って

遊んだりするのでそういう時うつるようです。

また家族だと共用しているものも多く、

特にうちは多分寝てるとき近くにいるので、それかなと。

シャンプーなど散財してしまったので

シラミで困ってる方の参考になれば幸いです。

続編あり。

#チャキさん #育児絵日記 #育児日記 #7才 #6才 #男の子ママ #育児漫画 #育児 #男子 #子育て #息子 #あいかわけいこ #ひとりっ子 #東京 #長野 #移住 #信州で子育て #オルタナティブ教育 #シラミ退治 #シラミ #シラミパニック #シラミ対策 #シラミ騒動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です