第7回 トイレに飾る絵展 2020

小さなアートをコレクションしませんか?

皆様、大変長らくお待たせしました!!

トイレに飾る絵展、開催です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第7回 トイレに飾る絵展 2020

“Exhibition of art on bathroom walls”

【展示会概要】

第7回 トイレに飾る絵展

会場:gallery晴れー南青山ー

会期:2020年11月20日(金)〜11月29日(日)(24日休廊)

時間:12:00〜19:00(最終日16時迄)

場所:東京都港区南青山3-8-5M385Building11号

   表参道駅or外苑前駅から徒歩7分

※今回は火曜日が休廊となりますので

 お間違いのないようにお願いいたします。

★ギャラリー晴れでは、東京都の方針に従い、消毒や検温、換気等、新型コロナウィルス感染症の拡大防止に努めています。

★限定品をお見逃しなく!

会場でご覧いただけない方のために

オンラインショップ【限定】の作品を閲覧・ご購入いただけます。

https://galleryhare.thebase.in/

オンラインショップは2020年11月20日〜販売開始です。

【Instagram】

https://www.instagram.com/toireten/

出展作家【アイウエオ順】

あいかわけいこ   

いわたあかね

オカムラナオミ

コイヌマユキ

佐俣水緒 

渋谷亜由美 

とくくらじゅん 

ノリオ

まつくらくみこ

ミウラエツコ

やまぐちまりこ

山本愛

油井久美子 

以上の13名で展示してまいります。

どうぞお楽しみにしていてくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トイレに飾る絵展 2020によせて

 

今回は、何度も何度も「裏方に徹したい・・」と思った回でした。

 

ですが、また「新作を楽しみにしていますね」など言われると

単純な私は、「よっしゃ頑張らねば!」と思ってしまうのです。

 

長野へ来てから、まずはこの場所に慣れること。

チャキさんを見守ること。

 

コロナ禍で世の中の仕組みが変わり

停滞、後退したようにみえて、ガッと一気に前進したこともあったり

キュッと前進したり、パッと後退したりして、

新しいルールに慣れること。

 

外出がなかなかできない中、皆さんに楽しんでもらおうと

新しく始めたまちがいさがしを毎日作るのもそれなりに時間のかかること。

 

飛んでくる受注仕事、ストアカでのレッスン、新しく学び始めたこと

これからやってみたいことの整理など・・・

 

限られた時間の中で、どんどんこなしていく。

 

だけど、これ以上抱えられないことも増え

形を変えたり、さらにより良くするために

選んでいかなければならない時期にきている。

 

今まで経験したことないようなストレスを

この1年くらいみんな感じできたのではないでしょうか。

 

私は、私の直感を信じたい。

 

そしてこれまで

なんとなくやってきたことには

これからは、裏付けももっとしっかりさせていきたい。

 

より良くするために。

もっと良いものを作るために。

 

どんな状況でも

ずっと変わらないひとつのこと。

 

「私は絵を描き続けなければならない」

 

ということ。

 

絵を描くには、描いているより長い時間、

描くまえに考えている時間というのがある。

 

それは、絵を描くための「気」を集める、

といってもいいかもしれないし

「集中力」といってもいいかもしれない。

 

描き始めたら、どんどん描ける。

 

でも、その「どんどん描ける」状態にするまでが、遠い遠い道のり。

 

大きな絵でも、小さな絵でも、大きさはあまり関係ない。

 

絵を描くために

私の中の全部のエネルギーを

白いキャンバスに注ぐために・・・

 

私は動物園の檻の中にいる動物のように、

絵筆を持ったまま、白いキャンバスを中心に、

その周りを落ち着きなく、グルグルぐるぐるとウロついてしまう。

 

本当に笑ってしまうほどに

とても長い時間、部屋の中をうろうろしている。

 

今の私の中にある、思っていること、愛のようなもの、

気のようなもの、長野の空気・・・

 

今回のテーマは、「はじまりとおわり」です。

 

8点の作品から、そんなことをお楽しみいただけたらうれしいです。

 

あいかわけいこ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です