【逆引きProcreate辞典】あれ?ペンがにじんで描けない!と思ったとき

こんにちは!楽しくiPad&Procreateでお絵描きを楽しんでいますか?

うーん、、描きたいんだけど、なぜか線が滲んでしまうよ??

それは嫌になってしまうね・・・。そんな時はまず、これをやってみて!

 

iPadよし!Procreateよし!Apple Pencilの充電もよーーーーし!!

で、描こう!今日は描きまくるぞ!!というときに・・

なぜか、ペンが滲んで描けない・・ということはありませんか?

ペンがにじんでしまうとき、まず疑うこと

それは、キャンパスの大きさです。

自分でカスタムサイズを指定したときによく起こります。

あまりにも小さなキャンパスに描くと、ドットが荒い感じに見えてしまいます。

例えばこんな設定になっていませんか?

・単位が「px」になっている

・幅と高さが100に満たない

・DPIがすごく低い

こんな設定になっていると、線がにじんだように見えます。

「px」とは「ピクセル」と読みます。

デジタルだから紙としての実際の大きさがわかりにくいのですが

スゴーーーーく小さな紙に描いていることになってしまいます。

なので手っ取り早く解決するには、そのキャンバスの単位を10倍くらいにしてみてください。

86px→860px 

54px→540px のように。

すると・・・

はい!滑らかになりました!

線がにじむようでしたら、まずキャンバスサイズを疑ってみてくださいね。

1pixelは何mmなのか?

という疑問がわくと思うのですが、これは単純に計算できないのです。

というのも、ピクセルというのは、

1インチ(2.54センチ)あたりに、つぶつぶが何個入ってるの?というその粒一つの数え方。

ドット・点と言ったりもします。

それが何個入ってるのかのか?=DPI(またはPPI)

という密度を表す数値になっています。

つまり、密度によってピクセルの大きさが変わっちゃうということです。

なので、どうしても計算したい場合は

2.54cm(1インチ)➗ (解像度)=(ピクセルの長さ)mm

となります。

一般的な印刷をする場合には、350DPI必要と言われています。

ピクセルの一辺が何ミリなのか?ということより、

A4サイズで印刷したいとき、どういう解像度にしたら良いかな?という

計算はよくします。

計算がよくわからない、という場合はこんな便利なサイトもありますね!

ピクセル・センチ変換

「ピクセル 変換」などでググってみてくださいね。

iPadでお絵描き教室しています!

a002
マンツーマンでじっくり学べる90分のクラスが人気です!

短時間で、Procreateを学びたい!という方は是非お越しくださいね!

+++お申し込みはこちらから++++++++++++++++++++++++++++++++

https://www.street-academy.com/myclass/53254?conversion_name=direct_message&d_code=cTaV01kt&tracking_code=fd7752459c1d235fa045802ac3e21e57

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

★受講後も、しっかり続けて欲しいから・・・

 マンツーマンレッスンだけの特典!

 ただいま、フォローアップ強化中です!

★土日はもちろん、ゆったり学べる平日レッスンも

 お待ちしております♪

★受講が心配な方は、こちらをご覧ください。

 【これまで受講者様と作り上げてきたレッスンまとめ】

★たくさんのレビューをありがとうございます!

お会いできるのを楽しみにしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です