【育児絵日記】舌下免疫療法、その後

新型コロナやインフルエンザも心配ですが、
花粉の季節ですね〜〜!

昨年、9月から始めた「舌下免疫療法」半年経ったね!

昨年、チャキさんのスギ花粉とハウスダストアレルギーが「確定」したことで

耳鼻科で開始し始めた舌下免疫療法。

舌下免疫療法とは、1日に1回、アレルギー物質のエキスを含んだ錠剤をベロの下に入れて1分待ち、口の中の血管から体内に吸収させてアレルギー反応を起こしにくい体質にしていく療法です。5歳から可能だそう。

さて、9月にスギ花粉から始め、その約1ヶ月後からハウスダストを開始しはじめて

だいたい半年がすぎました。

チャキさんは、ちょっとした刺激で鼻血が出やすく、なんだろうなーと思っていたんですよね。かかりつけの耳鼻科の先生曰く、アレルギー反応っぽいね、と。

3歳ではまだアレルギー検査をしても、アレルゲンの特定ができない。

再度アレルギー検査をしようと思ったきっかけは、

夏に旅行に行ったとき、民宿の押し入れに入って遊んでいたチャキさんの顔がボコボコになったこと!これはハウスダストでは!と。5歳にもなったので再検査したところ、スギ花粉とハウスダストが確定されました。検査の方法は、指の先をちょこっと切って血液を採取し、しばらく待つタイプ。

今年の花粉は早い!?

今年は暖冬ですね〜。

私はあまり花粉には反応しないんですが、花粉症の方に聞くと、もうずいぶん飛んでるみたいですね!目がかゆく、鼻の奥がツーンとするって聞きました。

新型コロナウィルスのおかげでマスクも品薄ですから、本当に今マスクが必要な方にとってはかなり大変。

鼻うがいも合わせて

チャキさんが舌下免疫両方と一緒にやっているのは、花粉の季節だけ「アレロック」という薬を飲むほかに

「鼻うがい」です。

例のアレルギー反応による鼻血が出やすかったりするんで、耳鼻科の先生の勧めもあって3歳から始めました。

「鼻うがい」のせいだけではないと思いますが、ずいぶん風邪を引きにくくなった気がします。鼻くそが固まるとそれが剥がれるとき、また鼻血になりやすいので、うちではお風呂に入って柔らかくなっているときに、鼻うがいもするのが習慣化しました。最初は嫌がっていましたが、もうすっかり慣れっこ(笑)

私も副鼻腔炎になりやすいので、一緒にやっています。

鼻うがい初めてから、副鼻腔炎にまで発展することが随分減りました!スッキリ。

鼻うがいは、専用のお塩があって溶かして鼻うがい用の液体を作るので、通常の水が鼻に入ってくる時のツーンとした感じとかはないです。専用の塩には、少しミントが入っていてスッとします。

しかし、消耗品はまぁまぁお高い。

市販のお塩でも代用できますが、個人の判断でご利用くださいね。

主治医に聞いた塩の配合

★水300mlに対して、塩3g

★水の温度は、37℃〜39℃が快適

鼻うがいをした後に、水が鼻の穴からこぼれてくるんですが、強く鼻をかみすぎると、耳が痛くなるので優しく拭き取ります。

今のところ、我が家が一番気に入っている鼻うがい器はコレ。

ハナクリーンシリーズ!

なかなか薬局では見かけないので、Amazonで買うことにしてます。

特に、タイムセールで安くなってるときが狙い目ね。

ハナクリーンS(ハンディタイプ鼻洗浄器)

コンパクトなので、我が家では旅行用にしています。

アマゾンの現在の価格:¥2,482

しばらく使っていたのはコレ。

ハナクリーンα(スタンダードタイプ鼻洗浄器)

アマゾンの価格:¥5,597

ハナクリーンEX(デラックスタイプ鼻洗浄器)

現在使っているのはこれ。しっかりした作りで長持ち。

アマゾン現在の価格:¥5,473

消耗品はこちら

スッとした感じが気持ちいい純正のお塩。コンパクトサイズのほう。150ml用です。

アマゾンの現在の価格:¥1,064

こちらは300ml用。

アマゾンの現在の価格:¥3,616

やっぱりすっきりして気持ちいいです。

舌下免疫療法の費用は?

舌下免疫療法は保険の適応がなされています

お子様だったら自治体によって費用負担があるでしょう。

もし大人が受けるとして、3割負担の場合。

★1回につき クリニック受診 約600円 

★薬局・・・シダトレンは約1700円

       ミティキュア・アシテア 約2200円

トータル 1ヶ月 約2300~2800円  年間約30000円

アレルギーっていちじるしく集中力が落ちますので、これを安いとみるか?高いとみるか?

ちなみに、免疫療法は、舌下でも皮下(注射)でも健康保険適応です。

皮下、舌下、どっちがいいのか?

舌下のいいところ

毎日、薬をベロの下に入れて1分待つのは大変ですが(以前は2分だったらしい)

注射嫌いのチャキさんには苦にならないみたい。子供でも服用しやすいのがいいですね。

舌下免疫療法の治療期間は、最低2年。先生からは4〜5年はやった方がいいと言われています。

皮下のいいところ

皮下ですと、調剤薬局で薬を出されることはないので、金額的に負担が若干減る。

毎日、薬を入れることがないく、1ヶ月に一回、病院で注射を打つだけとなると

中学生くらいになったら、舌下免疫療法から皮下免疫療法に変更しようかなと思っています。

だいぶ楽そうなチャキさん

鼻がグズグズ、喉がイガイガ、目が痒くてたまらない!本当につらいですよね・・・

花粉が飛んでいる季節には、舌下免疫療法をスタートできないそうなので、6月〜12月の間に始めることが多いようです。ダニアレルギーの方は、年中いつでもはじめられるそう。お子様だけでなく、大人の方もつらいのであれば、舌下免疫療法、耳鼻科で相談して受けてみてもいいかもしれません!

チャキさんの育児絵日記
フォローしていただけたら
うれしいです❤️
syoseki
Kindleでお読みいたけます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です